誠愛リハビリテーション病院

  • 特定医療法人社団三光会 誠愛リハビリテーション病院
  • 日本脳卒中学会
  • 日本医療機能評価機構
  • 日本老年医学会
  • 日本神経学会
  • 日本リハビリテーション医学会認定研修施設

論文

2011年

著者 論文題名 誌名
松尾佐智子 脳卒中による重度障害患者の家庭復帰実現のための主介護者への指導 リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,42−47,2011
中村真紀1)
西川健一3)
ソマトパラフレニアによる摂食セルフケア不足への看護介入 リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,48−53,2011
戸嶋早織1)
日高艶子2)
役割と環境設定を活用して左半側空間への探索行動を可能にした事例 リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,61−65,2011
林 由香 観念失行患者の歯磨き行為の行程に沿った看護介入 リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,73−80,2011
吉村綾子 感覚性失語と失行を伴った患者の服薬自己管理に向けた介入 リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,87−93,2011
中島峰子 前頭葉損傷患者の行為の誤りへの気づきを促す看護介入−動作誘導の口頭指示から鏡の活用− リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,94−100,2011
石井成美1)
日高艶子2)
抑制障害による更衣セルフケア不足への看護介入 リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,101−108,2011
金山萬紀子 脳卒中患者の転倒・転落事故はどうすれば減らせるのか リハビリナース別冊 セルフケア再構築の成功事例から学ぶ!脳卒中リハビリテーション看護Case Study,116−125,2011
谷口 藍
味園小夜子
摂食時の覚醒維持を目指した看護介入の一考察
−食前に歯磨き刺激を用いることの効果−
第23回 日本リハビリテーション看護学会 学術大会集録,38-40,2011
石井成美1)
日高艶子2)
小浜さつき2)
後藤美香1)
安本沙織1)
中村真紀1)
自己尊重の低下をきたした脳卒中患者の看護介入の検討
−主婦役割を活用した介入の試み−
第23回 日本リハビリテーション看護学会 学術大会集録,50-53,2011
清祐洋子1)
日高艶子2)
俣木優美1)
金山萬紀子1)
脳卒中患者の不安に関する一考察
−入院直後と1ヵ月後の不安の表出の変化から−
第23回 日本リハビリテーション看護学会 学術大会集録,80-83,2011

※1) 誠愛リハビリテーション病院,2) 聖マリア学院大学看護学部,3) 公立玉名中央病院

2010年

 

2009年

 

2008年

 

2007年

 

2006年

 

2005年

 

2004年

 

学会発表

2017年

演者名 演題名 学会名
森田麻友美1)
吉村綾子1)
日高艶子2)
小浜さつき2)
複数の高次脳機能障害により更衣セルフケア不足をきたした患者に対する看護介入- 第29回日本リハビリテーション看護学会学術大会,東京,2017,11
正司貴子1)
川ア裕子1)
日高艶子1)
吉村綾子1)
注意障害により摂食セルフケア不足と診断された患者の看護介入-個室環境と嗜好品を取り入れた介入の効果- 第29回日本リハビリテーション看護学会学術大会,東京,2017,11
小浜さつき2)
日高艶子2)
吉村綾子1)
金山萬紀子1)
自発性低下の看護介入プログラムに関する研究-ゲームを活用した介入の効果-(第2報) 第37回日本看護科学学会学術集会,仙台,2017,12

※1) 誠愛リハビリテーション病院、2) 聖マリア学院大学看護学部

2016年

 

2015年

 

2014年

 

2013年

 

2012年

 

2011年

 

2010年

 

2009年

 

2008年

 

2007年度

 

2006年度

 

2005年度

 

2004年度

 

シンポジウム

2017年

演者名 タイトル 講演会など名称
中村真紀 2025年問題を踏まえて今後のチーム医療の展望 第20回日本臨床脳神経外科学会,広島,7
吉村綾子 特別企画シンポジウム「Evidence-Based Rehabilitation Nursing」
半側空間無視の無視側への探索行動を促す壁を用いた環境設定の効果
リハビリテーション・ケア合同研究大会,久留米,2017,10
戸嶋早織 リハビリテーション研修会「食べるを支えていくためい、私たち専門職はこう関わる」
EST(Eat Swallow Team)における看護師の役割について
平成29年度第1回リハビリテーション研究会,福岡,2017,10

2014年

演者名 タイトル 講演会など名称
金山萬紀子 EBP:エビデンスに基づく実践-1
転倒におけるEBP-脳卒中患者の転倒防止のための対策と効果-
第8回日本慢性看護学会,福岡,
2014,7
吉村綾子 脳卒中リハビリテーション看護におけるロイ適応看護モデルへの適用 Roy Adaptation association-Japan Chapter Conference(RAA-J),久留米,2014,9

2011年

演者名 タイトル 講演会など名称
吉村綾子 「リハビリテーション看護におけるセルフケアの再構築を目指して看護理論を基盤として」〜ロイ適応看護モデルを基盤としたリハビリテーション看護−回復期の立場から−〜 [2011.10.28 熊本市]
リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011

パネルディスカッション

2015年

演者名 タイトル 講演会など名称
白楽志津子 「リハ栄養における多職種協働」当院における摂食嚥下の取り組み-EST(Eat Swallow Team)- 第3回回復期管理者研修会,東京,2015,12

雑誌

2008年

著者 題名 誌名
遠藤由香
恵良知子
中村真紀
”身体半側無視を呈した患者の移動動作獲得に向けた看護介入−Self-esteemの低下が予測された一事例への視覚刺激の活用−” リハビリナース 1(6):93-97,2008
金山萬紀子 ”病棟の物理的環境,患者・看護師の要因,職場環境への取組みで転倒減少”. 臨床看護 35(3):345-362,2009