誠愛リハビリテーション病院

  • 特定医療法人社団三光会 誠愛リハビリテーション病院
  • 日本脳卒中学会
  • 日本医療機能評価機構
  • 日本老年医学会
  • 日本神経学会
  • 日本リハビリテーション医学会認定研修施設

研究概要

三次元動作分析(VICON)

人間の複雑な運動や動作を14台のカメラで捉え分析する、日本最高レベルの精度を持った三次元動作解析装置です。患者さんの動作の評価や効果判定に役立てており、またデータの解釈などを学ぶセミナーも開催しております。

三次元動作分析(VICON)

近赤外分光法(NIRS)

近赤外線を用いて、複雑な脳活動状態やその部位を測定することで患者さんの治療に役立てています。

近赤外分光法(NIRS)

リハビリロボットの開発

当院は、九州大学大学院工学研究院との共同研究により、脳卒中患者さんの上肢や手の機能回復のための上肢治療用ロボット開発を行っています。

リハビリロボットの開発

研究業績

教育システム

リハビリテーション部の職員教育

リハビリテーション部では、質の高いリハビリテーション医療を提供できるよう知識・技術の向上を目的に様々な勉強会を行っています。
全職員対象として、リハビリテーション部の基本概念であるボバース概念の理解と具体的アプローチについて、講義・実技を交えた勉強会や実際の治療を通しての臨床指導を行っています。また、職域を越えての最新のトピックスや治療技術が習得できるよう、外部講師を招いての勉強会や出張報告などを行っています。
専門領域では、知識・技術の向上を目的に、各課・各診療に分かれてセラピストの勉強会を定期的に行っています。
また、研究活動も積極的に行っており、年に1度は研究発表会を設け、学会発表への参加を促しています。
この他にも、自主的に様々なテーマでの勉強会が行われています。

・全職員対象 スーパービジョン*(随時)
症例検討会(毎週)
出張報告(毎週)
外部講師を招いての勉強会(年数回)
新人教育(新入職員対象)
・専門領域 各課勉強会(毎週)
責任者勉強会(年数回)
診療別勉強会(年数回)
自主勉強会(毎月)
・リハ部内研究発表会  

*スーパー-ビジョン [supervision] 熟練した指導者(スーパーバイザー)が、対象者の担当者に、示唆や助言を与えながら行う教育のこと。

誠愛リハビリテーション病院研修会

民間のリハビリテーション病院としては全国に先駆け、すでに臨床に携わっているリハビリテーション関係者を対象とした研修会や講習会を定期的に開催し、全国の障害を抱えている方々のお力になろうと努力しています。

臨床実習

他のリハビリテーション教育施設や医療関連施設から多くの学生や研修生を受け入れ、将来リハビリテーションに携わるセラピストや医療スタッフの育成を臨床に最も近い場面で行っています。