誠愛リハビリテーション病院

  • 特定医療法人社団三光会 誠愛リハビリテーション病院
  • 日本脳卒中学会
  • 日本医療機能評価機構
  • 日本老年医学会
  • 日本神経学会
  • 日本リハビリテーション医学会認定研修施設

福祉部の紹介

ご挨拶

福祉部門スタッフ当院は回復期リハビリテーション病棟を中心とした、福岡市東南部に隣接するリハビリテーション専門病院です。脳卒中後遺症などで障害された機能を、再び(re-)訓練により以前の状態に回復させるのがrehabilitationです。主として中枢神経疾患を有する方々を対象に、患者さんご本人がまずは安心して在宅に復帰できますよう、そしてご家族の皆様と元の生活に戻れますよう、チーム医療のもと一丸となって努力して参りました。入院中には、介護保険の申請や装具のご相談、退院後のリハビリ手続きや住宅改修などを広くお手伝いするため、病院受付と外来の間に福祉部をリニューアルオープンし、心機一転し近隣医療圏内の地域連携体制の強化を図っているところでございます。

疾病ならびにその後遺症により、患者さんやご家族はさまざまな事柄に直面され、今後いかに生活を立て直して行ったら良いのかなど、少なからず苦悩をお抱えのことと存じます。福祉部としては、「この先、どのように生き方を変え、どのように現社会で生活していけば幸せか」ということにつき、皆で一緒に考えながら、一番お帰りになりたい地域、すなわち本来より望む場所で再び生活ができますよう、お一人おひとりに合ったシームレスケアと福祉の連携をとらせていただく所存です。

福祉部部長 中村 真紀

理念

疾病や障害によって生じる、患者・家族が抱える諸問題について、院内スタッフや行政等との連携を図り、地域で再び生活できるようにサポートしていきます。

基本方針

  • 自らの先入観や偏見を排し、患者さんを受容し、患者さんの自己決定を尊重します
  • 患者さんとの専門的援助関係を最も大切にし、必要な情報を適切な方法、分かりやすい表現を用いて提供し、患者さんの利益を優先します
  • 実践現場において最良の業務を遂行するため、互いの専門性を尊重し、他の専門職等と連携・協働します
  • 最良の実践を行うために、教育・研修に参加し、援助方法の改善と専門性の向上に努めます
  • 専門職としての自覚を高め、地域社会との交流を行い、地域福祉の増進に積極的に取り組みます

福祉部の役割

1.入院のご相談
当院での入院相談窓口は福祉課です。当院でのリハビリテーションをご理解いただき、現在の患者さまの病歴や状態、家族・生活環境などをお伺いさせていただきます。また、入院に関しての患者さま・ご家族の不安や疑問点など、退院後の各種サービスのご相談及びご紹介を行います。
2.入院療養中のご相談
入院中の医療費などの経済的な問題から、療養中の患者さま・ご家族の不安・悩みなどについて、さまざまなご相談に応じています。
3.社会復帰(在宅)へのご相談
社会復帰(在宅)に向けた在宅環境の調整や必要な介護サービスの調整を行い、自立した在宅生活が送られるように支援していきます。
4.在宅介護・医療のご相談
在宅介護・医療における悩みについて相談に応じ、各種サービス機関や行政との連携を図り、住み慣れた地域で安心して生活できるようにお手伝いさせていただきます。
5.各種保険制度などのご相談
身体障害者手帳・年金・介護保険など・医療制度などの公的援助に関する相談に応じ支援していきます。
福祉課の役割

福祉部では、入院相談窓口から始まり入院療養中・在宅生活まであらゆるご相談に応じています。患者さま・ご家族にとって最良の方法を一緒に考えたいと思いますのでお気軽にご相談ください。

※何かご不明な点がありましたら福祉部までご連絡ください。
代)092−595−1151 直)092−595−2861

※メールでのお問合せもおこなっていますのでお気軽にお問合せください。
fukusi@seiai-riha.com